BLOG

日経メディカル連載

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. マーケティングとしても正しかった名誉院長の取り組み

マーケティングとしても正しかった名誉院長の取り組み

2021年2月、透析患者さんに対し経カテーテル的大動脈弁留置術TAVI)が実施できるようになりましたが、現時点で実施できるのは、経カテーテル的心臓弁治療関連学会協議会認定のTAVI(TAVR)指導施設、またはプロクターが在籍している施設に限定されるようです。

当院は九州で唯一のTAVI指導施設ですので施設認定を受けていますが、九州では3施設しか透析患者さんへのTAVIができません。そこで今回は、こうしたケース、つまり世の中に新しい技術やサービスが導入され、しかも自院がそこに強みを持つ場合のマーケティング戦略について、一般論ではありますが書いてみようと思います…

続きはこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事