BLOG

日経メディカル連載

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 当院で院内クラスター発生! 広報対応の教訓は

当院で院内クラスター発生! 広報対応の教訓は

今回は、広報におけるクライシスコミュニケーションについて書いてみたいと思います。

クライシスコミュニケーションとは不測の災害、事件、事故が発生したときに、事業や組織そのものへの被害を最小限にとどめ、事態を収束させるために行う広報活動です。

昨今、医療機関のクライシスと言えば、新型コロナウイルス感染症の院内クラスターではないでしょうか。特に、2020年の流行初期の段階では、院内クラスターが発生すると地域の生活者から「コロナ病院」と言われるような風評被害も少なくなかったと思います。現在は、当時と比べて新型コロナに関する国民の知識や理解も深まり、クライシスとまで呼ばれるような状況ではないかもしれませんが、それでも、ひとたび院内クラスターが発生すると、医療機関は多大な影響を受けることになります。

当院では昨年末にクラスターが発生しました。その際の広報活動の実際と、そこから得られた教訓についてお伝えしたいと思います…

続きはこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事